スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12冊目 英傑の日本史 激闘織田軍団編

英傑の日本史 激闘織田軍団編英傑の日本史 激闘織田軍団編
(2009/08/08)
井沢 元彦

商品詳細を見る


どうしても読みたくなってハードカバーを買ってしまういました。
保存しにくしし高いしすごく迷いましたが。

やっぱこの時代のところは好きですね。
目次見て知らない武将いないですし。
予習いらずです。

でも普通読みです。

ピンポイントでこの時代の理解を深められてすごくよい娯楽です。
井沢元彦大好きです。

基本夕刊フジ連載なのですごく読みやすいです。
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

11冊目 逆説の日本史1

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)
(1997/12)
井沢 元彦

商品詳細を見る


和が日本人の原理との事。
そうですよね。
思考が丁寧で感激します。
僕に生きる喜びを与えてくれる本です。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

9冊目 逆説の日本史(6)

逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫)逆説の日本史〈6〉中世神風編 (小学館文庫)
(2002/06)
井沢 元彦

商品詳細を見る


ちょっとフォトリから離れてしまっています。
普通読みです。

これ面白いんです。
本当に。

後醍醐天皇あたりの話です。
いいですね。歴史。
人生に必要ですよ。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

8冊目 逆説の日本史(8)

逆説の日本史〈8〉中世混沌編―室町文化と一揆の謎 (小学館文庫)逆説の日本史〈8〉中世混沌編―室町文化と一揆の謎 (小学館文庫)
(2004/05)
井沢 元彦

商品詳細を見る


本当に普通読みです。

応仁の乱とかのあたりの話です。
何でもアリな時代ですね。

細川一族の謀略はすごいです。
ぼくはどちらかというと猪タイプなので、謀略の重要性は身にしみます。よく言えば工夫・機転ですよね。
人間を動かすのはイデオロギーや大義名分という無形のものなんですよね。
そういうものが無かったり虚弱だったりすると大きい成果は望めないのですよね。

この本は読み出すととまりません。





テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

7冊目 逆説の日本史(7)

逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 (小学館文庫)逆説の日本史〈7〉中世王権編―太平記と南北朝の謎 (小学館文庫)
(2003/02)
井沢 元彦

商品詳細を見る


完全な普通読みです。

すごく面白いです。
足利義満の時代について書いてあります。

6代将軍足利義教のすごさを強調してました。
著者の定義によれば
「天才とは標準(スタンダード)を作る先駆者」
とのことで、比叡山を征服し、関東公方を制圧し、九州を平定した義教は、その後の時代の信長、秀吉、家康の師匠とも言える人物とのこと。

比叡山の天台座主から将軍になったという珍しい経歴も面白いです。

個人的にこの前ふらりと比叡山に行きました。
比叡山や琵琶湖の光景、そして坂本の町並みを思い浮かべながら読んでいたので楽しかったです。
旅行は行くものですね~。

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。